魅力たっぷりなAFC葉酸サプリ

妊娠するとAFC葉酸サプリを飲み始めるという女性が多いそうですね。色んな雑誌などでも取り上げられていて口コミでも評価が高いからでしょう。 - 葉酸と、てんかんの密接なつながりを知ろう

葉酸と、てんかんの密接なつながりを知ろう

てんかんの病気を持っている男女の場合には胎児への遺遺伝性は問題無いと言われています。
仮に遺伝をしても、良性であることから治癒することが多いのです。
でも心配した方が良い点もあります。
それはどのようなものなのでしょうか。

■妊娠中の発作について
胎児のために、抗てんかん薬をやめる人は多いのですが、やめたことにより妊娠中にてんかん発作を起こすと、胎児に悪い影響が及ぶということが言われているのです。
発作によっては、呼吸がしっかり行われずに低酸素状態になるということもあります。
そうなると胎児への酸素供給が減ることになります。
発達障害や奇形、切迫流産や切迫早産に繋がるリスクもあるのです。

■抗てんかん薬を服用した場合
抗てんかん薬の服用により、通常よりも奇形のリスクが上がることが分かっています。
でも実際に抗てんかん薬を服用していても90%の人は、元気な赤ちゃんを産んでいるのです。
それでも心配な場合には、危険率が低い薬への変更や単剤や容量を減らすというようなことを、医師と相談して行うと良いでしょう。

■奇形の発生率を葉酸が下げる?
一部抗てんかん薬では、血中の葉酸濃度が低くなりますので、葉酸の通過障害が起きて胎児に葉酸が十分に届かないことからリスクが上がるということが分かっているのです。
つまりは葉酸は、妊娠初期の胎児の脳や脊髄のような重要な部分の成長に関係していますので、神経管閉鎖生涯というような奇形発生率を下げると言われています。

■医師との相談をしっかりしながら
葉酸をどのような時期に、どういう形で摂取するかをよく医師と相談してアドバイスを受けることにより、安心して葉酸摂取が可能になるはずです。

関連ページ